FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/01
≪12  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   02≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Kujirajaku : "A Whale's ruler"

鯨尺 

いつもお世話になっている、近所の俳句の先生に素敵な着物と帯をたくさん分けて頂いた。先生のお母さんが、私の寸法に着物を全部仕立て直してくれることになった。鯨尺は、もともとは、鯨の髭から作られていたらしい。先生のお母さんは、「みゆきさん」とお名前で呼ばせて頂いているが、実は、俳句の大先生(汗)。みゆきさん曰く、センチではイメージがわかないらしい。だから、わざわざ、実家から、鯨尺をもってきてくれた。着物は「尺」でしか、ピンとこないらしいが、洋服は「センチ」とちゃんと使い分けている。家庭科の成績が、あひるちゃん「2」だった私には、縫い物は苦痛でしかないが、みゆきさんは、鼻歌をうたいながら楽しそう。仕事も早いけど頭の回転もはやい!お年は内緒。たぶん、私のおばあちゃんと同じくらい。戦争中の話や、いろんな話を聞かせてもらいながら、楽しい時間を過ごした。特に、印象に残ったのは、「無理、無駄、斑(やったりやらなかったり)は駄目」「古いものを大事にしつつ、新しい物を受け入れながら、人生を楽しみなさい」というお母さんの言葉。みゆきさんが、テキパキと針をすすめる中、私は、着物の糸をほどいたり、アイロンをかけることしか出来なかったけど、自分のおばあちゃんと一緒にいるみたいで嬉しかった。みゆきさんと、先生に、感謝、感謝です

着物2 着物1

Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ
Please write to me here!
名前 (name):メール(e-mail address):件名 (title):本文 (message):確認 (click to check): 送信確認 (click for preview): 送信(click to send ):コメント(comment) 次へ(next):前へ(back):ホーム(home):リンク(Link)

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
フリーエリア
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。